はる、4歳になりました

大きな声では言えませんが、昨日、『はるちゃん、4歳になりました。』

息子も、はるは3歳になったと思っていたようで、
私が、『はるは4歳になったんだよ』 と伝えると、『これで4歳?』 と、
ビックリして、私の数え間違いだと疑われました。
確かに、心はパピーのまんまです。

はるは小刻みに歯を動かし、私の爪をガチガチと噛むのが大好きなのです。

a1_201707261315394a0.png

4歳。 もうすぐ、うちの子になって約4年が経ちます。
我が家に来た頃の小さなはるは、夜になると暴れだし1ヶ月近く、
私は夜中の2時まで眠ることができずに、ふらふらな生活をしていました。
その暴れようが半端なく、私にとって恐怖の夜の時間でした。
ただ大暴れした後は、毎日、私の腕枕で眠るはるは、可愛くて。
ただ、小さなはるを腕枕、肩こりで大変なおもいをしました。
さくらとの関係を築くのにも時間がかかり2柴は大丈夫かな?と、
何度も心配しました。

私の心配していた気持ちは知らずに、
小さなはるは、いつも前向きで、今と変わらず、ずっと『はる』でした。
さくらに怒られても、落ち込むこともなく、
ずっとさくらちゃん大好きは、今も変わりません。
貴方の元気で、お調子ものなところに毎日、笑わされ癒されている私です。
いつのまにか、さくらのゆるやかな癒される優しい風に、
はるの元気で心を明るくしてくれる風が、毎日、我が家に吹いています。

a2_2017072613153880e.png

いつかは、この子たちはいなくなるだろう。
いつかは、2柴とも私の目の前からいなくなるだろう。
きっと、この子たちと暮らすということは、一緒に生きるとは、そういうことだろう。
だから、この子たちの最後の日が来るまで自慢できるほど彼女たちを愛し、
毎日を一緒に、笑い楽しみ喜び、話しをたくさんしたいと思う。
そしてどんなことがあっても、この子たちの最後の日まで、一緒に生きたいと思う。

犬の一年は、人間の一年を過ごす速さとは違っている。
誕生日のお祝い事とともに、
ひとつ歳をとると、私の心の奥底で何かが、ぶるりと震える。
そして強く自分の心に刻みこむ。

a3_2017072613153701e.png

4歳になったからって少しも変わらないけど、
4歳のはる、これからもよろしくね♪

a6_201707261315342a3.png


スポンサーサイト