FC2ブログ
おいでよ ここで一緒に話そうよ 
プロフィール

春桜

Author:春桜
さくらとはる 

一緒に暮らす日々の中で
いろいろ感じたことを書いて
いこうと思います。

*happy birthday*

さくら
はる

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

回覧者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1559位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

844位
アクセスランキングを見る>>

さくらです

秋田県熊代市出身です。     優しく芯のしっかりした女の子です。 血統書名は、琴姫号です。

はるです

滋賀県健庵出身              好奇心旺盛、お茶目な女の子です。 血統書名、安曇乃春号です。  

最新記事
最新コメント
リンク
FC2 ブログランキング
にほんブログ村

赤柴犬ブログランキング にほんブログ村 犬ブログ 赤柴犬へ
柴犬ブログランキングにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
いつも遊びに来て頂いてありがとうございます♪

人気ブログランキング
RSSリンクの表示
検索フォーム

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かい春が来ました。 そして優しい桜の季節になりました。
日本の四季は艶やかで心豊かにさせてくれます。

『ここに帰って来よう。 この場所に帰りたい。』 と思います。
z1_201803302107001b3.png

去年の11月18日以来、ブログを書けなくなっていました。
去年からいろんな出来事がありました。

穏やかに暮らしていた我が家には、私には想像もしない出来事でした。
ある日突然、夫につきまといストーカーじみた女性が現れました。
以前から年賀状を出すくらいの友達だった方から夫は告白をされ、
夫の名前のキーホルダーを作ったとスマホに写真を送ってきたり、
自分の写真を写し送ってきたり、少し怖ささえも感じられました。 
ただ、対処できなかった夫。 
また対処すればするほに違う方向へといってしまいました。
いろんな事が約8ヶ月間、続いていました。
とにかくいろんな事がありました。

そして年末大掃除のように、今年のことは今年のうちにと思い、
去年の大晦日にその女性と私は電話でお話しました。
『夫のこと差し上げます。私は何もいりません。ただ夫の両親をお願いします。
息子もお願いします。柴犬2匹もお願いします。』 と話すと、
その女性は泣きながら、すぐにお断りになりました。
その女性の方にとっては、
きっと現実をつきつけられ夢でなくなった瞬間だったのかもしれません。
そして息子も電話で、その女性に、『愛しているとかメールはダメでしょう』 と、
伝えました。 
私よりも少し年上の女性でした。 そして最後には母親を電話口に出し謝られました。
ただ最後までその女性はどこか勘違いされていたように、
『○○さん(夫の名前)のこと幸せにしてあげて下さい。』 と私に頼まれました。

その女性の方を、少し悲しく愚かで哀れに感じました。
反面、怒りや腹立たしさは一度もなかったのです。
女性へよりも、対処できなかった夫には正直、ありました。
人それぞれに生き方や考え方があります。
なのでその女性の方のことを迷惑とは感じますが悪く言いたくもありません。
ただ私とはあまりにも交わらない生き方や考え方でした。
そして、人を哀れむ感情って自分自身の中にはなかったもので、
なんだか心がとっても疲れ果てました。
自分自身の揺れ動いた感情にも、私の生活している中では出てこない感情にも、
ある日、突然に私の心に入り込んできて巻き込まれていく様にも、
なんだかとっても気持ちがまいりました。
ドロリとした感情の日常より、
あ~今日もお日様が気持ちいい♪ 2柴が笑っているよぉ~♪と、こんなことで
幸せを感じている日々が好きな私。 
とにかくとっても心が疲れたのです。
いつのまにかドロリとした感情に知らずしらずに、
どこか巻き込まれていっている自分がいました。
2柴が私のそばで笑顔でいてくれていることさえも気づかなくなっていました。
自分が嫌いになった瞬間でした。

大晦日の日、この女性と話しが終わった頃、テレビでは紅白歌合戦がはじまっていました。
布団にくるまりながら涙が止まらない私の隣には、体をぴったりとくっつけてくる、さくらと、
珍しく私のほっぺをペロペロしてくる、はるがいました。
ぐずぐずしていた私を、いつものように息子は初参りへとお寺へ誘ってくれました。

この女性の方のことを書くことは、もうないと思います。
私のこれからの人生の中で、きっとまじわらない人だからです。
私は、この女性のことよりも、
人のことを少なからずマイナスな感情で思ってしまった自分自身がとっても嫌になりました。

こんな中で、今まで、
息子には母親として弱音をはいたことがなく、どんな時もどんな事態にも、
『大丈夫だから!』 といたはずが、はじめて息子に弱音をはいてしまいました。
息子は、『僕は人として大好きだから』 と言ってくれました。

夫の母には、すべて話した中で、お正月も挨拶に行けず、何にも出来ない私に、
『何を言ってるの。そこに、いてくれるだけでいいよ』 と優しく笑って声をかけてくれました。

これは私の心が折れてしまった出来事のひとつです。

今年の春もこうやって、さくらとはる、2柴そろって桜の木の下でいることが、
今はとっても幸せな時間です。

先日のブログに、あったかいお言葉をたくさんいただきました。
心の底から何かに、つき動かされるような感覚になりました。
次のブログをアップしていないにもかかわらず何度ものぞきにきてくれている方の足跡、
コメントして下さった方の言葉、拍手にポチッっとして下さった方、
本当にありがとうございます。
私の気持ちに寄り添っていただいている優しくまぁ~るい気持ちが伝わってきて、
とってもありがたく感じます。 じんわりと涙がこみあげてきました。

z3_20180330210659e8a.png

z2_20180330210658495.png

空は、こんな色をしていたんだね。

z4_2018033021065844b.png

花より団子♪ 花よりボール♪

z6_2018033021065733d.png

どうやら、はるにとっては桜よりも、ボールがいいようです。

z5_2018033021065656c.png

関連記事
<< おひるね ごろごろタイム // ホーム // この場所 >>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/01 Sun] // # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/01 Sun] // # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/01 Sun] // # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/01 Sun] // # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/02 Mon] // # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/08 Sun] // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://sibakensuki.blog.fc2.com/tb.php/1128-a910ca84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/imgs/